アンケート調査

(2018年11月・項目改定)


かんユニは、ブラックバイト及び奨学金に関する取り組みに役立てるため、「バイト実態調査アンケート」を行っています。

 2015年度に実施した「学生アルバイト実態調査アンケート」では、「バイトが原因でテストに支障が生じた」と回答した学生が5人に1人、「今のバイト先を辞めようと考えている」が2人に1人、「労働時間・シフトが勝手に変えられる」「賃金がちゃんと支払われない」「退職の引き留め」など、労働法に照らしても、違法な労働を学生に強いている実態が明らかとなりました。 「ブラック企業」「ブラックバイト」が社会問題化し、いくつもの取り組みがなされる中、現時点での学生アルバイトの状況は過去と比べて改善しているのか、また新たな問題が発生しているのかを比較検討し、今後の取り組みの課題とするため、項目を改定し、また新たに実施することに致しました!(2018.11.8)

下記のボタンをクリックして、「アンケートフォーム」にてご回答下さい。ご協力お願いいたします!!

ダウンロード
紙バージョン:2018年改定 学生アルバイトアンケート用紙 送り先 uniuni_kanuni@gmail.com
2018年 学生アルバイトアンケート.pdf
PDFファイル 495.7 KB

前回のアンケートの集計結果

ダウンロード
2016年 旧バイト実態調査アンケート 集計結果 記述抜粋
アンケートにご協力頂いた511人の学生のうち、バイトが原因で学業に支障が出た人が162人いるなど、学生生活へのバイトの影響が読み取れます。(2016年)
また、自由記述欄で浮かび上がったバイト学生の「叫び」も、学生バイトの実態をよく表しています。
バイトアンケート 集計結果 記述抜粋.pdf
PDFファイル 362.6 KB

*お詫び:「旧バイト実態調査アンケート・オンライン版」の連絡蘭にて相談された方に(2018.11.13)

 今回、再びアンケート調査を項目を改定して再開するに辺り、以前の「旧オンライン版 アンケート」の集計管理が相当期間、停止しておりました。(集計作業が終わっていたにも関わらず、回答を受け付けていた)

 その結果、以前の「旧オンライン版 アンケート項目」の一番最後の自由記述蘭、連絡先記載蘭にて、ご相談を寄せて頂いてにも拘らず、対応が出来ていなかった方が数名いらしゃったことが、この度判明いたしました。

 旧オンライン版アンケートにご回答頂いた方、アンケートを通じて相談を寄せて頂いた方、誠に申し訳ございませんでした。

 この場を借りて、深くお詫び申し上げます。今後は管理事務等を徹底して参ります。

 

*下記の「相談フォーム」からの相談や直接メールにてご相談頂いていた方には、途切れなくご対応させて頂いております。

*労働相談や急ぎのご用件等は、

 下記の「相談フォーム」(自動でユニオンのメールに転送されます)かuniuni.kanuni@gmail.comにて

 ご連絡頂きますよう、何卒よろしくお願いいたします。